手塚治虫の山(文庫)

通常価格 ¥1,100

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
手塚治虫が山・動物・自然をテーマに描いた漫画アンソロジー。 

「山と手塚治虫? 」 
一見結びつかないようで、実は手塚氏は、山岳・自然を舞台とした漫画を数多く残しています。 

収録した10編の漫画は、1959年~80年に発表されたもので、 
山・動物・自然をテーマにした作品たちに共通するのは、「生きる」ことの尊さ。 

人間はもとより、山にも動物にも、万物すべてを「生命」ととらえる、 
手塚氏の強い思想が全編を通して伝わってきます。 

時代を超えて、「いかに生きるか」という普遍的なメッセージを、ぜひ10編の漫画から感じ取ってください。 


【収録作の初出作品・刊行年】 
・「魔の山」 
1972年8月6日『週刊少年サンデー』(小学館)掲載 

・「山楝蛇」 
1972年9月4日『漫画サンデー』増刊号(実業之日本社)掲載 

・「山の彼方の空紅く」 
1982年5月『ジャストコミック』(光文社)掲載 

・「モモンガのムサ」 
1971年11月22日『週刊少年ジャンプ』(集英社) 
「ライオンブックス」第9話として掲載 

・「モンモン山が泣いてるよ」 
1979年1月『月刊少年ジャンプ』(集英社)掲載 

・「ブラック・ジャック -昭和新山-」 
1976年11月15日『週刊少年チャンピオン』(秋田書店) 

・「雪野郎」 
1969年12月3日『少年チャンピオン』(秋田書店) 
「ザ・クレーター」第9話として掲載 

・「落盤」 
1959年9月15日『X』第3号(鈴木出版)掲載 

・「山太郎かえる」 
1980年1月『月刊少年ジャンプ』(集英社)掲載 

・「火の山」 
1979年4月20日『ビッグゴールド』No.2(小学館)掲載